SSブログ

鉄道好きの原点 [いろんな思い出]

こんばんは、gonanaです。

本日のお題:あなたが趣味にハマったり、何かを好きになったりしたきっかけ、教えて

私はほぼ物心ついたころから鉄道が好きで、それ以来現在に至るまでそれは続いています。
では、そもそも幼い私がなぜ鉄道にハマったかを思い出してみると、生まれてから4歳まで生活していた家とその周辺の記憶、それに当時一緒に生活していた父方の祖父母との思いでが大きな理由のような気がします。
私が4歳まで住み、その後も父方の祖父母が住んでいた家は、東京都大田区南六郷というところにありました。場所的には羽田空港にほど近いところにあり、飛行機の音も頻繁に聞こえてくるような環境なので、これだけなら普通は飛行機好きになりそうなものですし、現に私の父親は飛行機好きです。
しかし、なぜか私は鉄道が好きになりました。
当時住んでいた家はすぐ近くに線路や踏切があるというわけではありませんでしたが、家の最寄駅の京急線雑色(ぞうしき)駅近くの商店街での母親や祖母の買い物に連れていってもらった時に、雑色駅そばにある踏切で頻繁にやってくる電車をしばらく眺めては喜んでいたそうです。当時の私のおぼろげな記憶でも、猛スピードで駅や踏切を通過していく旧600形や旧1000形の快速特急・特急に興奮したり、「赤い車体に白い帯」の京急電車に混じって時々見かけるクリーム色と赤の電車(当時京浜川崎駅まで乗り入れていた都営地下鉄浅草線の5000系)が何となく気になる存在だった利した思い出があります。
また祖父は、私がどうやら電車に興味を持ち始めているらしいと感じて、さらに私を喜ばせてくれようとしたのと、近所に遊び相手になる同年代の子供があまりいなかったからか、電車でいろいろな所へ連れて行ってくれました。
横浜の山下公園で展示されている「氷川丸」に乗せてくれたり、神奈川県三浦市にある水族館「京急油壺マリンパーク」へ連れて行ってくれたり、三浦海岸に海水浴に連れていってくれたりなど、60歳過ぎのお爺ちゃんとまだ幼い子供の組み合わせとしては、結構遠くまで遊びに連れて行ってくれました。
それぞれの場所ももちろんどれも楽しかったですが、電車にたくさん乗れる、さらにたくさんいろいろな列車が見られるのが、それに勝るとも劣らないほど楽しかったのを今でも覚えています。
そういった環境のおかげか、3歳頃にはすっかり「鉄ちゃん」になっていたようで、記憶に残っている、その頃親や祖父母に買ってもらったおもちゃの大半が電車のおもちゃでした。
もちろんその後鉄道以外にも好きになったり関心を持ったものはいくつもありましたが、趣味の深さという点で鉄道を超えるものはまだありません。というか、おそらく一生鉄道は好きでい続けるのではないかと思っています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。