SSブログ

身体が元気な時の入院って・・・ [いろんな思い出]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:入院したことある?

思い出してみれば、物心ついた後だけでも4~5回、さらに物心つく前にも1~2回入院しているらしいので、地味に入院回数は多いです。
ただし、幸いというか、物心ついた後に限ってみれば、外出先で体調不良を起こして救急車で搬送されたケースがあるほかはあまり深刻な事態での入院というのはありませんが。
今回はそんな入院体験の中から、20年近く前に目の白内障の手術で1か月ちょっと入院した時のことを書きたいと思います。

2002年秋に、定期的に通院していた眼科で両眼に白内障の症状が見つかり、ちょうど新卒で入社した会社を辞めて無職状態だったこともあり、この機会に両眼とも手術することになりました。
近年では、日帰りでの白内障手術も普通に行われるようになりましたし、手術そのものも1時間ちょっとで終わる、それほど難しいものではありませんでしたが、両眼に同じ処置をすることになったのと、術後の経過を慎重にみるために少し長めの入院となりました。
両目を手術するといっても両眼同時に手術するのではなく、入院後5日ぐらいでまず片眼を手術し、1週間ほど術後の経過を観察の上、問題がないことが確認できてからもう一方の眼を手術し、同様に経過観察するという手順を踏みました。
手術した方の眼には術後数日間眼帯を付けましたが、上に書いたような理由で常にどちらか一方の目は普通に見えているので、特に介助の必要もなく普通に歩き回れる状態でした。
なので、2回とも朝9時頃から手術を受けて昼前には病室に戻り、それ以降は何事もなかったように過ごしていました。

この入院生活を一言で言うなら、「暇」という言葉に尽きました。
術後はしばらく入浴やシャワー、洗顔ができないなど多少の制約はあるものの、基本的に体調は何の問題もなく、先ほども書いた通り介助なしで普通に歩き回れるくらい元気なので、診察や検査は別として他に大してやる事もない日々は退屈でしかたがありませんでした。
あまりにも暇なもので、せっかくベッドがあるんだからと、会社勤めの平日はできない昼寝などしてみようかとも思うんですが・・・
こういう時に限ってちっとも眠れなかったりするものです。
そして、21時という普段の生活ではありえない浅い時間の就寝。
疲れているわけでもなければ体調が悪いわけでもないから、こんな時間にすんなり眠りに入れるわけもなく、早くても22時頃まではこっそりテレビを見たり、ラジオや音楽を聴いたりして何となく起きてました。

こうして両眼とも白内障を手術した後は、以前より見え方が目立って改善されたのを実感できました。十数年後に視覚障害者になることは当時は想像できませんでしたが・・・

そんな入院生活でしたが、退院の日にはやっぱり「やっと家に帰れる!」「娑婆に帰れる!(笑)」という喜びというか、ホッとした気持ちでいっぱいでしたね。これはそれ以外の入院の時にも感じたことではありますが。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。