SSブログ

理想の「お兄さん」にはなれなくて・・・ [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:子供好き?苦手?

私は好き派

静かにしているべき時や場所でギャーギャー騒ぐガキにはイラっとくる時もないではないですし、やたらと世の中を斜めに見ているような言動をする子供も好きではありませんが、基本的に子供は大好きです。
テレビやラジオに子供が出ていたりするとついつい気になってしまうし、子供たちの歓声や笑い声のこだまする空間にいると癒されるし気持ちも優しくなれる気がします。
私が大学時代から約20年にわたって、千葉市で活動する、主に障害のある子供やその兄弟姉妹を対象にしたおもちゃ図書館「千葉市トイライブラリー」で、子供の遊び相手をするボランティアをしていたのも、子供が好きであるということが一番の理由でした。

おもちゃ図書館のボランティアには楽しい思い出も多かったし、社会人になってからは週末(開館日が土曜日の週1回だったので)のよき心のリフレッシュタイムにもなっていました。
ただ、その中でいつも痛感していたのが「俺ってやっぱり子供を引きつける魅力が乏しいんだろうなあ・・・」ということ。
同じボランティアでも、子供たちの多くがまず親しみを感じて遊び相手として選ぶのが、高校生など若い女性のボランティアやイケメン(当時はそんな言い方はなかったけれど)の男性ボランティア。
見た目に「カッコよさ」とは無縁で、ボランティアを始めた19歳にして早くも子供たちから「おじさん」と呼ばれてしまった私には、なかなか遊び相手としてのご氏名がかかりませんでした。

思えば、おもちゃ図書館に来る子供たちと同じ年頃の私の理想の「お兄さん」像は、幼稚園生の頃毎朝見ていた「ママと遊ぼう!ピンポンパン」の体操のお兄さんや、戦隊ヒーローものの番組に登場する俳優さんでした。
「大きくなったらこんなカッコいい人になりたいなあ」と・・・
でも現実は・・・(泣)

もう今となっては「理想のお兄さん」を目指すにはあまりにも遅すぎるけれど、せめて子供たちの気持ちを理解し、寄り添えるおじさんになりたいと思っています。
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。