SSブログ

こんな企画がいろんな好循環のきっかけになれば [鉄道ニュース]

こんにちは、gonanaです。
昨日の記事では、国鉄時代末期にスタートし10年間続いた「いい旅チャレンジ20000km」キャンペーンの令和版を、運営企業体の別を超えた拡大版にして実施しては?という提案をしましたが、まさにその第一歩と言えそうな企画が、全国の第三セクター鉄道で行われるそうです。
詳細は下記のリンクからどうぞ。

日本旅行、第三セクター鉄道で「鉄印」集める「鉄印帳の旅」発売へ (マイナビニュース)
https://news.mynavi.jp/article/20200627-1065197/

国鉄の駅スタンプをはじめ、スタンプ収集やスタンプラリーは昔から盛んだったし、今はどうなのかはわかりませんが少し前までは御朱印集めのブームもあったので、これはそれほど鉄道に関心のない人でも参加しやすい方法かもしれません。
もちろん各社ごとに「鉄印」のデザインは異なるわけで、ぜひこれらをコンプリートしたいという気持ちにも自然になってきますから、それによって第三セクター鉄道の乗客増、ひいては第三セクター鉄道の走る地域の活性化につながれば、この企画も大いに意義のあるものになるでしょう。
前回提案した令和版「チャレンジ20000km」は、運営企業体の別を問わず日本の鉄道であればどの路線も対象にするのが望ましいと思いますが、対象範囲が広いが故にどういった路線から手を付けたらよいかわからないという人も多いでしょうから、こういった踏破対象路線をある程度絞った踏破記録のスタンプラリーなどの成果を積み上げることで全体のキャンペーンの記録認定をしてもらう方法を選択できるようにすることも必要だと思います。
いずれにしても、こういう企画の話題に触れると、本当にどこかへ乗り鉄氏に行きたい気持ちが抑えきれなくなりそうです。
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。