SSブログ

2011年夏 関西鉄道旅の思い出 その24 [その他鉄道ネタいろいろ]

こんにちは、gonanaです。
2011年夏の関西への鉄道旅の振り返り、最終回です。

直江津から乗車した189系の「妙高8号」は16:20頃に長野駅に到着。
ここからは、115系の普通列車2本を乗り継いで中央線の高尾へ向かいます。
長野駅から乗車したのは、17時10分頃に発車する中央線直通の甲府行。
長野総合車両所所属の115系3両編成は、座席が6~7割くらい埋まった状態で長野を発車。
途中の松本駅からしばらくは座席が埋まる程度の乗車率でしたが、夕食を松本での停車中に購入した駅弁「月見五味めし」でとった後の上諏訪あたりからはガラガラに。
車窓の方も真っ暗になり、すっかり深夜のような雰囲気になってきます。
20時半過ぎに着いた甲府では、同じ115系でもスカ色の豊田車両センターの車両の高尾行に乗り換え。
この列車も、交付を発車して数駅間はそこそこ乗客も多かったですが、その先はガラガラ。
駅付近以外ではほとんど何も見えなくなった車窓を見ながら、115系の飛ばしっぷりを堪能しながらこの鉄道旅を振り返っているうちに、22時半頃に終点の高尾駅に到着。
すぐ接続のE233系の中央線各停東京行に乗り換えて国分寺へ、さらに西武戦に乗り換えて自宅へ向かい、関西への鉄道旅は無事終了したのでした。
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。