SSブログ

久しぶりに食べたくなってきた [いろんな思い出]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:凍らせておいしいものは?

小中学生の頃、たまに給食で「りんごシャーベット」が出ることがありました。
シャーベットといっても一般的にイメージするようなものとは少し違い、りんごを皮付きのまま半分に切り、芯とヘタを取って冷凍したものでした。
この「シャーベット」、手で簡単に皮が剥けるのが氷菓メーカーの売りだったようで、袋にもその事が書かれていました。
確かに食べるときに実際にやってみると、ほとんど力もいらずに皮がスルスルと剥け、すぐにかぶりつけるので手軽に食べることができました。
りんごはもともと好きでした(もちろん今でも)が、この「シャーベット」も、かぶりついて食べるとひんやり感とりんご自体の甘味が口の中に広がり、すっかりハマってしまいました。
あまりにこの食べ方が気に入ったので給食に出てくるのを待っているだけでは飽き足らず、家でも同じようにして何度か食べた思い出があります。

そして給食に出てきた冷凍フルーツといえば、冷凍みかんも忘れられません。
冷凍みかんといえば、かつて駅の売店などでも売られていて「昭和の鉄道旅」のよき脇役的アイテムにもなっていますが、給食にたまに出てくる冷凍みかんも楽しみでした。
ちなみに、これとは別に「オレンジシャーベット」も給食に出ることがありましたが、リンゴのシャーベットとは違いこちらは一般的にイメージされるようなオレンジ(みかん)のシャーベットと同じものでした。ただ、シャーベットはみかんやオレンジの中身をくりぬいてできた容器に入っていたのがユニークでした。

給食に縁がなくなって、りんごやオレンジのシャーベットや冷凍みかんを食べることもほとんどなくなりましたが、この文章を書いているうちに久しぶりにこれらを食べたい気分になってきました。
りんごシャーベットや冷凍みかんは作り方も至って簡単なので、それぞれの旬の時期になったら作ってみようかな…と思ってます。
nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。