SSブログ

せっかく入るなら… [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:今中高生だったら、部活入る?

私がもし今中学や高校に入学したとして、部活に入るかどうか、そしてどの部活に入るかは、その部活のいつもの練習・活動の様子やメンバー同士の雰囲気が大きなポイントになると思います。
もともと運動能力が高くないのと、かつてリアルに中高生だった時の練習のきつさや部内の人間関係などの記憶のイメージから、運動部にはあまり入りたいとは思いませんが、文科系の部でも心から楽しんで活動できそうな部がなければ部活そのものに参加しないかもしれません。
やはりせっかく部活に参加するなら、自分が本当に楽しく活動に打ち込める状況にないと損ですからね。

私が中学生になって入ったのは剣道部でした。
私のいた中学には部活動に参加することを強制するような校則はなかった(実際に「帰宅部」の人も知っているだけで数人いました)ものの、特に男子は運動部に入るのが不通というような空気がありました。
そういった考え方は私の両親にもあったようで、小学校時代地域の道場で習っていた剣道を部活でもやることを勧められました。
私自身は剣道を続けたいとは特に思っていなかったのですが、何となく親の勧めを受け入れて剣道部に入りました。
しかし、剣道部に入っても練習はきつく、それでいて大会などで選手に選ばれるなどといったこともなく、正直惰性で続けていた感は否定できません。
そのため高校に入るときには文化系の部に入りたいという思いはありましたが、親としてはそれはなかなか受け入れがたいことだったようで反対され、再び剣道部に入ることになりました。
しかしいざ入部しても状況は中学時代とほとんど変わらず、結局は途中で剣道部を辞めて友人のいる文化系の部に移りました。
その部は毎年の文化祭では大掛かりな展示をするものの、それ以外の時期には先輩と後輩の垣根もあまりなく、かなりゆるい活動内容の個人的にはかなり楽しい部で、やはり自分にはリラックスして楽しく活動できる部活の方が合っているなと感じたものです。

そういえば、先日あるラジオ番組を聴いていると、最近中学や高校で部活に入っている生徒、特に運動部に所属している生徒がかなり減っているというような話題を取り上げていました。
その理由には少子化で生徒数が減り、構内でチームを作って活動することが難しくなったことなどいろいろな理由があるようですが、生徒全員が何かしらの部活に所属することを強制する校則を廃止する学校が多くなっていること、学校の運動部に代わり地域のクラブチームでスポーツに取り組む生徒が多くなったことも影響しているようです。
中学や高校では部活に入るのが当然という時代からすると大きな時代の転換といえますが、やはり部活に入るのもその他の活動に参加するのも本来は誰かに強制されるべきものではないし、楽しく主体的に活動できれば得られるものもそれだけ多くなるということが認識されてきているということなんでしょうね。
nice!(8)  コメント(0) 

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。