SSブログ

やっぱり頭に浮かぶのは [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:一万円の予算で休日を一日楽しむなら、どうする?

やはりこの質問に対する答えとしてまず私の頭に浮かぶのは…
乗り鉄旅です。
例えば、埼玉からなら、内房線と外房線で房総半島一周とか、同じ千葉県内でも銚子電鉄に乗りに行ったりとかであれば、交通費や食事、観光にお土産代まで含めても1万円以内でそこそこ楽しめそうな気がします。
JRや私鉄のフリーきっぷや企画乗車券をうまく利用すれば、千葉方面意外のエリアでも乗り鉄だけでなく食事や観光も込みで余裕で1万円を切る値段で一日遊べるプランはいろいろ作れそうなので、今度時間があればそのあたりも研究してみたいですね。
あと、「一日の予算1万円」を「一日あたりの予算1万円」と解釈するなら、一度チャレンジしてもいいかな、と思うのが、青春18きっぷ1日分を使って到達できる最大限遠くの駅まで一日ひたすら乗り継ぎを重ねてたどり着く旅。
例えば大宮駅を4:28に出る京浜東北線電車で出発し、東京・沼津・静岡…と
複数の駅で普通・快速列車を乗り継いでいくと、最終的に山陽本線経由なら新山口駅、山陰本線経由なら出雲市駅、四国方面だと松山駅や土讃線の大歩危駅まで到達することができ、東北方面へも東京駅からなら青森駅までその日のうちに到達できます。
普通のきっぷで同じルートを乗ろうとすると、乗車券だけで1万円を超えてしまいますが、18きっぷの一日あたりの価格2410円であれば道中の駅弁や飲み物などを含めても一日1万円の枠に出費を抑えることができます。
ただ、何しろ早朝から深夜0時近くまでひたすら普通・快速列車に乗り続けるだけの一日になるので、体力と行動力、そして忍耐力は必要かもしれないし、そもそもこういう過ごし方が休日のそれとしてありなのかという声も上がりそうですが…

乗り鉄以外なら、西武園遊園地や浅草花やしきなど、テーマパークでない昔ながらの遊園地で一日遊びまくりたいですね。
乗り物に乗ったりその他のアトラクションを楽しんだり、園内のグルメをあれこれ楽しんだりお土産・グッズを買いまくったりと、開園から閉演まで一日楽しみつくせば、1万円はすぐなくなってしまうかも?

1万円で休日をエンジョイするアイデア。
たまにこういうことを妄想してみるのも、何だか楽しい気分になっていいですね。
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。