SSブログ

ブログ友達との鉄旅の思い出 貨物撮影&583系乗車 その2 [その他鉄道ネタいろいろ]

こんにちは、gonanaです。
前回に引き続き、かつて私が開設していた別ブログで知り合ったブログ友達のEさんと私との、15年前の日帰り鉄道旅の思い出です。

東北本線黒磯駅で貨物列車(の機関車)を撮影したり、2つのサプライズに遭遇した利した後、701系電車の東北本線普通列車で郡山駅へ。
この後は、この日の鉄道旅のもう一つの目的である、磐越西線の快速「あいづライナー」に時折使用されていたかつての寝台電車583系に乗車します。
磐越西線郡山ー会津若松間に当時運転されていた「あいづライナー」は、本来であればこちらも特急型電車の485系電車で運転されていましたが、その「あいづライナー」用の485系に予備者がなかったため、同車が検査等で運用に入れない時期には、同じ車両基地に所属して臨時列車などに使用されていた583系が代走で「あいづライナー」に使用されることが時折あり、私とEさんはそれを狙って鉄道旅の行程に組み込みました。
正確な運転時刻は記録を残していないので今は不明ですが、Eさんともども郡山駅で駅弁を買い込み、13時前後に発車する「あいづライナー」に乗車しました。
自由席車に座席を確保して、発車時刻までホームから583系をあれこれ撮影しました。
郡山駅を発車してからは、Eさんともどもゆったりしたクロスシートに座って駅弁を食べ、お互い同じ583系の急行「きたぐに」や同系(581系を含む)を改造した近郊型電車715系・419系に乗車した時のことなどに話の花が咲き、会津若松駅までの1時間ほどはあっという間に過ぎました。
会津若松駅に着いてからは、583系の他、同駅に発着するC57180号機牽引の「SLばんえつ物語」号やキハ40、会津鉄道の気動車などを撮影し、折り返しの「あいづライナー」で郡山駅へ戻りました。
郡山駅では相次いで通過するEH500形とED75形重連それぞれが牽引する貨物列車を撮影した後、E721系の東北本線上り普通列車で1駅黒磯寄りの安積永盛駅へ向かいました。
時間は16時を回った頃で、車内は混雑していました。次の駅で下車するのでEさんともどもドア付近に立って郡山駅発車後左手に見えてくる郡山貨物ターミナル駅の構内をドアのガラス越しに見ていると、またまたここでもサプライズが!
何と当時、赤い車体に裾回りが白というJR貨物のED75の「新更新色」の塗装と、車体側面の「ED75」の大きなレタリングから、一部ファンから「偽レインボー」などとあだ名されていたED751028号機が単機で構内に停車しているのを発見したのです。
慌ててドアガラス越しにデジカメで撮影。走る車内から、しかもスモークのかかったガラス越しの撮影ではありましたが、奇跡的にほとんどブレることなく同機の特徴ある側面をしっかり撮影できました。
ちなみにEさんはこのサプライズを見逃してしまったらしく、かなり悔しがっていました。
そのサプライズの興奮も冷めやらぬまま安積永盛駅で下車。この駅では、先ほど郡山駅で撮影したED75重連による貨物列車を再び撮影。この貨物列車が郡山貨物ターミナルに停車している間に、我々も載っていた普通列車が同列車を追い抜いたためにできたことで、Eさんの提案でこのようなスケジュールになったものでした。
上りホームで待つことしばし、予定通りの時刻にやって来たED75重連の列車を撮影し、この日の予定はすべて無事終了。その後黒磯・宇都宮と乗り継いで上野駅でEさんと分かれ、自宅へと帰りました。

きちんとした旅の記録を残していなかったので、やや記憶があいまいなところはありますが、15年前のE桟との鉄道旅では、今はもう撮影したり乗ったりすることのできない車両とも多く出会え、さらに普段はブログのコメント欄や個人メッセージでの交流がほとんどのEさんともたくさん鉄道話やお互いの話などをすることができ、楽しい思い出になりました。
Eさんとも私が以前のブログの更新を止めてしまって以来交流がなくなってしまい、現在どうしているかはわかりません。
もし何らかのきっかけで再びEさんとつながる機会があったなら、また2人でどこかへ鉄道旅にでも出かけたいものです。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。