SSブログ
ノンジャンル ブログトップ
前の10件 | 次の10件

今なら家康のアカウントは大盛況? [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:歴史上の人物がSNSやってたとしたら、誰をフォローしたい?

こういう妄想ネタ、私大好きです。
やっぱり、フォローして頻繁にチェックしたいのは、戦国武将や幕末・明治維新期の志士たちですかね。
時代がダイナミックに動いた時代の空気をリアルに感じられるという点では、かなり魅力的ですし、現代の政治や社会、国際情勢に対してそれぞれがどう考えているのかも知りたいところです。
それぞれがリアルに生きていた時代も、それから数百年経った現代でも、もしSNSがあったらそれをどう活用していたか、それを妄想してみるだけでもなかなか楽しいものです。
端から見ている分には、誰のアカウントが頻繁に炎上するか、そんなことにも興味があったりして(笑)
それはともかく、もし徳川家康のSNSがあったら、大河ドラマ効果で今年一杯は大盛況でしょうね。
本人がドラマを見ながら実況し、「これは事実と違う」とか「あの俳優は○○だ」などと投稿していたら、相当話題にはなるでしょうね。
あとそれ以外では、旅好きとしては松尾芭蕉の奥の細道旅の空でのリアルタイムの呟き(というか投句?)は読んでみたいです。

ここからは世間一般でいうところの「歴史上の人物」とはちょっとズレますが、鉄道好きとしてぜひフォローしたい人を数人。

まずは「時刻表2万キロ」や「最長片道切符の旅」など鉄道の旅を中心にした著作の多い紀行作家宮脇俊三氏。
日本国内はもちろん海外の鉄道にもいろいろ乗っておられる氏の旅の空からのリアルタイムのツイートも楽しそうだですが、同じく宮脇氏の著作の「時刻小昭和史」という本にも取り上げられている、編集者になる前の少年・青年の頃からSNSをやっていたとしたらその時代の鉄道や社会の状況がリアルに伝わってきそうで(時節柄かなり削除されてそうですが)、その点でも興味がかなりあります。

続いては「阿房列車」シリーズなどで知られる作家の内田百間氏。
氏は相当な鉄道ファンだったそうなので、作家としてだけでなく「鉄」目線の呟きも結構してくれそうな気がします。
「またまた汽車に乗っている。まあ別に目的はないけどね」
とか頻繁につぶやきそうな気がします。

他にも鉄道好き敵に覗いてみたい歴史に残る人のSNSはいろいろあるけれど、だんだんマニアックな方向に向かってしまいそうなのでこの辺で。
でも、たまにこういうことを妄想してみるというのも、いい暇つぶしになっていいものですね。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「好きなところ」ねえ… [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:今住んでいるところの1番好きなところ

2回市内で引っ越しはしたものの、今住んでいる埼玉県某市に住むようになって、今年で46年。
それなのに、このような質問をされるといつも考え込んでしまいます。
「某市の好きな所って、どこなんだろう?」って。
正直、「ここが好きだから今もこの街に住んでいる」というポイントがいまいち思いつかないんですよね…

決して某市のことが嫌いというわけではありません。
大都会のような騒がしさや慌ただしさはないし、かといって田舎というわけでもなく、まあまあ住みやすい土地です。
地震や豪雨・土砂災害のリスクもそれほどは大きくないですし。
でも、何というか…
よくも悪くも際立った特徴がないというのが特徴の市なんですよね。
だから、初めて会う人に住んでいる市の名前を言うと、多くの場合相手は某市の位置がいまいちイメージできないようです。

まあ、強いて某市のいいところを挙げるなら、全国的なブランド力のある農産物がある(もっとも某市だけでなく周辺地域も含めた名産ですが)ことですかね。
長年住んでいる者としては、いつかポジティブな話題で某市が注目を浴びる時が来てほしいと思う一方、今の適度な地味さも捨てがたい気もします。
タグ:埼玉
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

広島といったらやっぱり [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:広島といえば何をイメージする?

もちろん広島といえば「原爆」や「平和」は避けて通ることはできないし、世界遺産の宮島も外せないでしょう(私は言ったことはないけど)
あとスポーツ好きならプロ野球の広島カープやJリーグのサンフレッチェ広島、という声もあるでしょうね。
それに食べることも好きな私としてはお好み焼きやあなご飯、もみじ饅頭のイメージもあります。

でも鉄道好き目線で見れば、広島といえば鉄軌道の面白い街というイメージがあります。
私がそういった印象を持つ理由の一つが、広島市内の中心部の路面電車と宮島口へ向かう宮島線を運行する広島電鉄(広電)の存在です。
とにかく最新の低床式車両から「被爆電車」まで、さらに残念ながら影が薄くなってはきたものの他都市の路面電車からの譲受車両など、車両のバラエティーが豊富で、鉄道旅で広島に行くたびに広電を乗りまくり、乗り換えるたびに次はどれに乗れるかの楽しみに浸っていました。
対するJRは、今でこそ広島都市圏の山陽本線・可部線・呉線の車両はJR世代の227系に統一されたものの、10ほど前までは115系を中心に103・105・113系も走る国鉄型電車王国で、各形式とも外観や塗装のバリエーションもあって国鉄型車両好きには楽しいエリアでした。
また、山陽本線広島貨物ターミナルー西條間で上り貨物列車の後補機を務めていた国鉄型電機EF67形も広島地区でしか見ることのできない機関車で、これも興味深い存在でした。
さらに新交通システムの「アストラムライン」や、廃止が取り沙汰されている「スカイレール」といった特徴ある交通機関もあり、これも広島の乗り物の面白さの一つの要素になっています。

そういえば、前回広島へ行ったのももう10年以上前のことになります。
すっかりご無沙汰している間にJR各線の国鉄型電車は227系の投入で一掃され、EF67も引退するなど大きくイメージが変わりました。
広電も低床式の新型車がかなり増え、かつてのような味のある旧型車の出番も少なくなっているようで、消え去ってしまう前にぜひまた乗りに行きたいです。
さらに広電には改築されるJR広島駅の駅舎に乗り入れる線路切替などの計画も近い将来あるようで、今後もいろいろと興味深い動きがありそうです。

ああ、久しぶりに広島いきたいなあ~
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

あまり名前にこだわりはないので… [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:自分に芸名をつけるとしたら?

自分に芸名をつけるとすれば…?
ブログを始めるまで、本名とは違う名前を自分につけよう、名乗ろうと思ったことはありませんでした。
幼い頃から芸能人になることが夢だったりすれば、早くから自分の芸名を考えていたり実際にタレント活動で使っていたりということもあったでしょうが、私自身芸能人になることにはほとんど関心がなかったので、そういったこともありませんでした。
また、ラジオや雑誌にいろいろな投稿をするのが好きであれば、その時にラジオネームやペンネームを使うということもあったと思いますが、私はラジオを聴いたり雑誌を読むのは好きだけど投稿をするほどのアクティブさはないので、こういったものを使ったこともありませんでした。
別に本名に不満があるというわけでもないし、名前を変えたいという願望もありませんでした。

なので、ブログを始めるにあたってニックネームを付ける時にも、全く何の意味付けもなく、ただ直前に読んでいた鉄道雑誌に乗っていたEF57形電気機関車の写真のかっこよさからの連想で「gonana57」にしてしまいました。
ちょうどその頃、当時JR貨物高崎機関区に所属して貨物列車を牽引していた電気機関車EF6557号機が車体の塗装を茶色に変更するということがあったため、ニックネームの由来としては何となくこちらの方が定着してしまった感があります。

あれから早いものでもう20年。
変に奇をてらった名前ではなかったからか、それとも私が過剰なこだわりや意味付けをせずにつけたからなのか、この間私がこのニックネームに飽きることはなく、今でも「gonana」と少し変えただけで使い続けています。

話しが少し脱線した感があるのでお題の答えということですが…
いま改めて芸名と言われてもあまり「これ」というのが思いつかないんですよね。
別に本名を貫きたいというこだわりもなければ、逆に別の名前がどうしても欲しいというわけでもないし…
まあ、何かの理由で本名と異なる名前を自分に着ける必要が出来たら、その時はその時で気まぐれな名前をつけてしまうんですかね(笑)
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生まれ変わってスポーツを始めるなら [ノンジャンル]

おはようございます、gonanaです。

本日のお題:体育の授業で、得意だった種目、苦手だった種目

体育の授業、運動神経がないので基本的には苦手だったけれど、その中でも少しばかり得意、というか好きだった種目はあります。
それは球技。
小学生時代のドッジボールに始まり、バスケ、サッカー、バレーボール、ハンドボールといろいろやりましたが、どれもわりと楽しかった思い出があります。
どの球技も、かなりざっくりとしかルールを把握していない状態で授業に臨んでいましたが、そんな私でも体育の先生の教え方がよかったのかそれぞれの球技に親しみを持つことができましたし、特にサッカーやバスケは、もし生まれ変わってスポーツを始めるならぜひやってみたいです。
逆に苦手だったのは陸上競技や器械体操系でした。
短距離も持久走も走るのは遅かったし、跳び箱やマット運動、鉄棒なども大の苦手でした。

学生の頃の体育の時間は、正直授業に出るのがかったるいことも多く、特に雨で校庭での授業が中止になったりするとひそかに喜んだりしたものですが、今慢性的に運動不足を感じている今となっては、もう40年前後昔の体育の授業がちょっとだけ懐かしくも感じてしまいます。
nice!(8)  コメント(0) 
共通テーマ:学校

一番立ち会いたいのは [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:もしタイムマシンがあったら、未届けに行きたい歴史的瞬間

せっかくタイムマシンで歴史の教科書や過去のニュース映像の中の出来事の現場に立ち会えるのなら、いろいろなものが見てみたいです。
戦国時代の大きな戦や幕末のさまざまな出来事、1964年の東京オリンピックや1970年の大阪万博など、歴史の転換点になる出来事やイベント(その場に立ち会って感動したり興奮したり、楽しかったりするものに限りたいけど)を生で見てくることができれば、歴史的な出来事に対する認識もかなり変わりそうです。
そして鉄道好きとしてはやはり、1872年の鉄道開業の瞬間や、新幹線開業や鉄道市場に残る迷列車の出発式などはぜひ生で見てみたいですね。
と、いろいろ挙げてみましたが、私が過去に戻れたら一その場に立ち会いたい瞬間といえば、私自身の誕生の瞬間です。
自分自身の出来事を「歴史的瞬間」と言ってしまうのは大げさすぎるけれど、やはり誕生の瞬間がなければ今の私もないわけで、その意味では個人的な「歴史的瞬間」ということになるのでしょう。
実際に母親が私を出産している分娩室の中に入れるかどうかはともかく、午前2時半頃(私の生まれた時刻はこのあたりだったそうです)の病院にこだまする産声を聴くだけでも、自分の誕生の瞬間に立ち会った感動は得られそうな気がします。
そしてもちろん、生まれたばかりの自分や出産直後の母親との対面もできれば、私の生まれた日に対する感慨もより特別なものになるでしょう。

とにかく、もしタイムマシンがあったら見てみたいもの、体験したいこと、会ってみたい人がいろいろありすぎて、それを考えているだけで結構時間がつぶせてしまいます(笑)
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

結論出すのは難しい… [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:子どもと大人、どっちが楽しいと思う?

う~ん、これは簡単にどちらがいいと決めるのは難しいですね。
言うまでもなく、子どもでも大人でも、楽しいこともあればそうでないこともあるわけで…

子どもの頃は、どこへ行くのも何を買うのも自由な(と感じていた)大人の生活の方が楽しいと思っていました。
その後中高生になると、何も考えずにただ遊んでいれば楽しかった子ども時代が懐かしかったし、社会人になってからは子ども時代も含めて学生の頃の方が楽しかったと感じたり…
結局、子どもでも大人でも、その時々の自分にない部分を持っている方が何となく楽しいと感じてしまっているような気がします。

あえて自分のこれまでの生きてきた経験からどちらかがいいかを決めなければならないとするなら、子どもですかね。
先ほども書いた通り、あの頃の私は、大して何も考えずに、実にのんきに生きてました。
両親が勉強についてあまりうるさく言うこともなかったこともあり、家で勉強するなんてことも宿題以外にはほとんどなく、塾通いや中学受験とも無縁でした。
もちろんそんな中でも楽しい事ばかりではなく、嫌な事やムカつくこともそれなりにありました。
でも学校が終わってもそれこそ分刻みで塾その他のスケジュールをこなさなければならない今の子どものことを思えば何と自由だったことか…

やっぱり人間、いい意味で「子ども」や「ガキ」な部分を持っているということは大切な事かもしれませんね。

タグ:子ども 大人
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前世の経験を生かして(笑) [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:生まれ変わってもまた自分になりたい?

何だかんだ言っても、結局私はまた自分に生まれ変わりたいですね。
若い頃は、今の自分とは全く違った人間に生まれ変わりたいと思っていた時期もありました。
全くといっていいほどモテず人づきあいも上手くなく、その他にもいろいろコンプレックスを抱えていた私としては、せっかく生まれ変わるならこれらのコンプレックスから解放された、全く別の人間に生まれ変わりたいというようなことを考えていました。
でもあれから年齢を重ねた今となっては、どちらかといえばあまり急激に変わらなくてもいいかな、という考えに変わってきています。
そうはいっても自分大好きな人間でもないし、決して今の自分に満足しているわけでもありません。
以前と考え方が変わったのは、自分のコンプレックスを受け入れたというよりも、ちょっと出来損ないの部分もある人間として生きる方が私にとっては何となく生きやすいような気持ちになっているといった方が正しいかもしれません。
現世と全く違う人間に生まれ変わっても、それが必ずしも幸せにつながるかどうかもわかりませんし、結局自分のコアの部分は生まれ変わってもそう簡単に変わらない気もします。
ただ、前世の経験を生かして、改良したい部分は山ほどありますけどね。
過去に「生まれ変わったら」とか「タイムマシンで昔に戻れたら」などのお題の時に何度も書いていますが、特に中学生以降の人生は現世の反省や後悔が生きるようなものにしたいです。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ありがたいけど、やっぱりほどほどがいい [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:休みをもらえるなら何日ほしい?

学生の頃は、夏・冬・春休み以外にもできれば1か月ぐらいド~ンと休みがもらえたらいいのになあ、なんてよく思ってました。
特に部活などで休日にも学校へ行かなければならないことがある中高生の頃は、何の予定もなく家でゴロゴロできるまとまった休みがほしいと常に思っていました。
でも今は、あまり長すぎる休みというのもどうかな…などと考えてしまいます。
もちろん休みがもらえるのは今でも嬉しいしありがたいことではあるけれど、やっぱり私は昭和生まれの人間だからなのか、あまりに休みの日数が多すぎても何だか落ち着かなくなってしまうんですよね。
自分が休んでいる間に会社の方はどうなっているのかは気になるし、長い休みが終わって仕事に戻ろうにも会社に自分の働き場所があるのかも気になります。
仕事以外でも、休みが多いからといって遊び呆けてばかりもいられないし、だからといって休み中家にずっと引きこもっているのも退屈で逆に苦痛です。
そして何より、休みが長すぎるとダラケた生活が身についてしまいそうなのも問題です。
なので私は、日常の休みは週休3日より2日の方が生活のリズムを維持しやすいと思っているし、仮に働き方が週休3日制に変わるとしても月・化火・木・金曜に仕事をして水・土・日曜が休みというスタイルにできたらいいと思っています。
あと、ある程度まとめて休みをもらうなら、私自身は月~金曜を通しで休み、前後の土日と合わせて実質9連休にするというのが一番理想的な気がします。
そうすれば休みボケも少なくて休み明けの「社会復帰」(?)も比較的楽でしょうから。

やっぱり休みというのは、ほどほどの長さや日数だからこそありがたみもより感じるし、その中でいかに有意義に過ごそうかというアイデアも生まれてくるような気がします。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

まわりに人がいないと [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:今眠い?

今この記事を書いているのは夜の23時少し前ぐらいですが、今のところはそれほど眠くはない…かな。
ここ数年、齢のせいか一晩目を覚まさずに爆睡するということがなかなかできず、それが原因なのか時々中途半端な時間に眠くなることがあるんですよね。
昼食をとってしばらくしたあたりで眠気が襲ってくるのはわりとよくありますが、時には朝の9時~10時頃になぜか眠くなってくることがあります。
別に昼夜逆転した生活を送っているわけでもないのにこれはどうしたことなのか、大いに謎です。
そして、在宅で仕事をしているので、仕事中も周囲に他の人がおらず人やモノの動きがほとんどないので、あまり急ぎの仕事がない時に眠気に襲われたりすると、ついつい居眠りしたい欲望にかられます。
パソコン作業に使用しているデスクのすぐ脇にはベッドがあるので、その気になれば休憩時間に少し横になって…というのも簡単にできてしまいます。
でも、ここでうっかり眠ってしまうとまずいので、休憩時間にベッドに寝転ぶのは我慢してます。

なんて書いてたら、さすがに少々眠気が出てきたので、そろそろ寝る準備をするとしますか…
とつい独り言が出てしまった夜更けでした。
タグ:睡眠
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | 次の10件 ノンジャンル ブログトップ