SSブログ

今年でファン歴35年! [ノンジャンル]

こんばんは、gonanaです。

本日のお題:あなたにとっての“アイドル”といえば?

私くらいの世代は、ちょうどアイドルが勢いを増していった時期にどっぷりつかってきた世代ではないでしょうか。
幼い頃からキャンディーズやピンクレディーは大人気だったし、小学生の頃はいわゆる「80年代アイドル」の全盛期。
私自身はキャンディーズやピンクレディーには大して興味は持たなかったけれど、80年代アイドルあたりになるとアイドルにも関心を持つようになり、コンサートなどに行くことこそなかったものの好きな歌手や歌も少しずつ増えていきました。
そして、その80年代から90年代前半あたりを中心に、過去いろいろなアイドルを好きになりました。
その中には誰もが知っている超メジャーなアイドルもいれば、ヒット曲に恵まれず鳴かず飛ばずのまま芸能界を去ったり別の路線にシフトしたりしたアイドルもいます。

そんな中でも、自分の中ではおそらく生涯で一番好きなアイドルと言えそうなのが・・・
ズバリ、「おニャン子クラブ」!!!!!
中学2年生の時から現在に至るまで35年間、一貫してファンでい続けてますから。

「夕焼けニャンニャン」、もちろん毎日見てました!
学校でどんなイヤなこと、ムカつく事があっても、学校から自転車を飛ばして家へ帰り、5時の時報とともに「夕やけニャンニャン」が始まると、そんなことの全てがリセットされるような気さえしました。
正直それほどいい思い出のなかった中学時代を何とか乗り越えられたのも、ある部分おニャン子の存在のおかげかもしれません。

残念ながらコンサートに行ったりファンクラブに入ったり、「夕やけニャンニャン」の観覧に行ったりして生のおニャン子の姿に接することはできなかったけれど、レコードやCDも少しですが買いましたし、メンバーがパーソナリティーやレギュラーをしていたラジオもよく聴いてました。

今思うとあれだけの社会現象を巻き起こしたすごいアイドルのファンでいたこと、そして今でもファンであり続けていることは誇りに感じていますし、今も元メンバーが様々なメディアに登場しているのを見つけるとついつい注目してしまいます。
そういう気持ちもあって、AKBグループや坂道シリーズなどのアイドルグループも、特にファンとして追いかけているわけではありませんがこの年齢になっても結構好きです。
考えてみれば、もし35年前におニャン子クラブのプロジェクトが失敗に終わっていたら、モーニング娘。をはじめとするハロープロジェクトのアイドルも、AKBグループも坂道シリーズもこの世に存在しなかったかもしれないわけで、その意味でもおニャン子の登場はアイドル史の大きなターニングポイントだったということになるんでしょうね。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。