SSブログ

「富士はやぶさ」お別れ乗車&北九州遠征の思い出 その11 [その他鉄道ネタいろいろ]

こんばんは、gonanaです。
11年前の「富士はやぶさ」お別れ乗車と北九州遠征の思い出、その11です。

北九州での2日目となる2009年1月11日も、昼頃まで「富士はやぶさ」とED76&EF81を追いかけ、夕方には「富士」のお別れ乗車をしながら東京への帰路につきます。

7時頃に宿泊先の小倉駅前のビジネスホテルをチェックアウト。
この日最初の撮影は門司駅での「富士はやぶさ」…となるところですが、その前にED76牽引の上り貨物列車2072列車があるので、前日も撮影に訪れた西小倉駅へ。しかし肝心の撮影は失敗、少々もやもやの残るスタートになりました。
それでも気を取り直して、西小倉7:45発の下関行622H列車で門司駅へ移動しました。

門司駅に着いた時には、「富士はやぶさ」到着までまだ1時間ほどあるためか「富士はやぶさ」を撮影しようとする人の姿もほとんど見えず、また日曜日の朝なので通勤通学客も少なく、列車の発着・通過時以外は駅構内も非常に静かでした。
4番線と5番線の間にある中線の1本には、これから下関へ「富士はやぶさ」を迎えに向かうEF81 410号機が停車中でした。
幸い架線柱などに遮られない場所に止まっていたため、4・5番線それぞれのホームからに加え、跨線橋の上からも同機をゆっくり撮影することができました。
そして8:02、EF81 410は下関へ向けて出発していきました。
その直後の8:03には、5番線に鹿児島線久留米からの普通列車132Mが到着。
この日の132Mは、全車が415系鋼製車の8両編成で到着。
4番宣ホーム側から眺めると、白いボディーに青い帯の九州色の長編成の姿には、関東に住む者にとってはその数年前までの常磐線中距離電車を思い出させるものがありました。
132Mは、ここ門司で4両ずつに分割され、前4両は列車番号もそのままで8:07に門司港へ、後4両はここで列車番号を232Mに変えて8:09に下関へ、それぞれ出発していきました。
その415系が発車していくと、「富士はやぶさ」到着まで特にこれといって撮影対象になる列車もないので一休み。
しかし門司駅の周囲には海からの寒風を遮るような高い建物もほとんどないので、ホームにずっといては寒くて仕方がありませんでした。
そんな時に頼りになったのが、跨線橋の真下にある待合室。スペースはそれほど広くはないけれど、この日のような気候の時にはありがたい設備です。

8:30を回り、4番線の発車案内にも「はやぶさ」「富士」両列車の表示が揃い、「富士はやぶさ」の門司到着が近づいてきました。
2日続けての門司駅での撮影となりますが、前日と同じ場所で撮影してもつまらないので、ここは乗客でない「出迎える」立場の特権(?)で5番線側から到着シーンを撮影することに。
確か3回ぐらい接近放送が流れたのになかなか「富士はやぶさ」は姿を現さず、結局定刻より3分ほどの遅れで到着となりました。
肝心の到着シーンの撮影は、架線柱やケーブル、樹木に遮られて失敗。
停車中の機関車の前面も樹木に隠されてしまい、撮影場所の選択のまずさを痛感しました。
やがて下関からの牽引機EF81 410が解放されると、対岸の4番線で撮影中の人たちの姿がばっちり見えました。この日も大入り満員です。
それに対して5番線側の撮影者は少なくてその分撮影は楽でしたが、何しろほとんど風を遮るものがなく、風が強くて冷たくて寒すぎるのが辛かったです。
そして小倉方からED76 66が「はやぶさ」のマークを付けて登場。
先ほどまでのEF81 410も含め、この組み合わせは、私が見ただけでも前日の朝夕に引き続き3度目でした。これも、牽引すべき列車やそれを牽引する機関車がそれだけ減少してしまった証拠でしょうか。
「はやぶさ」へのED76連結も終わり、赤井電気機関車と青い14系の編成美を撮影できると思ったのに、やはり樹木に邪魔されて…

9:01、2分ほど遅れて「はやぶさ」が発車。
しかし、ちょうど発車という時になって中仙をEH500牽引の貨物列車が通過して視界を遮られるという不運に見舞われました。
まあ、貨物の最後尾が空車のコキ車だったので、何とか「はやぶさ」最後尾6号車のテールマークを掲げた後ろ姿を捉えることができたのは救いでしたが…
一方、4番線に残った「富士」編成の方には相変わらず撮影者がたくさん。
やがて、小倉方から「富士」の大分までの牽引機が登場。
やってきたのは、前日の上りに続きまたもや代走のEF81 411!
前日も今日も代走に入っているということは、今夜乗車の上り「富士」も期待できそうです。
最後は410・411の2両のみの陣容だったJR九州のEF81同士のバトンタッチも完了し、「富士」も発車準備完了。
9:10、定刻に「富士」も門司駅を発車。今度は被る列車もなく、落ち着いて撮影できました。
これでひとまず朝のイベント(?)も終わり、何となく達成感のようなものを感じながら、門司駅を後にしました。

次回、再び西小倉でED76&EF81を狙います。
nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 9

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。