SSブログ

久々に乗り鉄 その1 [鉄活動レポート]

こんにちは、gonanaです。
昨日、3月18日に相鉄・東急新横浜線の初乗車に出かけて以来、4か月弱ぶりの乗り鉄に出かけてきました。
今回は特別な目的を持った乗り鉄ではなく、ルートもシンプルな往復(帰り道はちょっと寄り道しましたが)でしたが、しいて昨日のテーマをあげるとすれば「今のうちに乗っておきたい車両3連発」といったところでしょうか。

昨日は9時過ぎにグループホームを出発、まずは西武線で国分寺駅へ。
10時頃ついた国分寺駅では、改札前のコンコースでブラスバンドのライブが行われていて、「鉄道唱歌」や「銀河鉄道999」などの曲が演奏されていました。立ち止まって聞き入っている人も多いようで、曲が終わると結構な拍手が起こっていました。
国分寺からは10:17発の中央特快で東京駅へ。
さらに東京駅11:05発の総武快速線千葉行で千葉駅へ向かいました。
総武快速線は、現在1994年暮れから活躍してきたE217系からE235系1000番台への置き換えが進行中で、E217系なら引退が迫る前の今のうちに乗車しておく意味があり、E235系も1000番台は初乗車なのでこれはこれで無駄足にはなりません。
総武快速線ホームでは、私を誘導してくださった駅員さんに9号車の乗車位置まで案内していただきました。
その理由は、この位置の車両に乗れば見えていない状態でも乗車するのがE217系なのかE235系1000番台なのかが容易にわかるためで、
9~11号車がセミクロスシート車であればE217系、ロングシート車であればE235系というわけです。
そのためにも、誘導してくださった駅員さんにはボックスシートのある車両(E217系)であればボックス部の座席に案内してくださるようにお願いしました。
乗車する千葉行は東京駅始発で、10:58頃に千葉方面から総武地下2番線に入線。
そして駅員さんに案内していただいた席は進行方向右側のボックスシートで、これでE217系に乗車したことがわかります。
千葉行は定刻11:05に東京駅を発車。東京始発だからか、それとも編成の端に近い号車だからか車内はガラガラに近い状態のようでした。
複々線区間に入るとE217系は快調に飛ばし始めました。ボックスシートに座って総武快速線を走っていると、まだ113系が走っていた頃の総武快速線で通学していた大学時代を思い出して懐かしい気分になります。
同時に、ほとんどクッション性のない固いものであまり好きになれなかったE217系のシートであっても、総武快速線でボックスシートの車両に乗れるのもあとわずかと思うと個人的には少々寂しい気分になります。
30年前の大学時代に思いをはせながら乗ること40分、E217系は定刻11:45に千葉駅に到着しました。

乗り鉄レポート、次回に続きます。
nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。