SSブログ

え?!どうして俺が? [いろんな思い出]

こんばんは、gonanaです。

本日のお題:新聞や雑誌に載ったことある?

私は ある 派

新聞や雑誌、テレビに自分が出る(あるいは自分のことが記事になる)なんていう事は自分には無縁だと思ってましたが、今から10数年前、思いがけないきっかけでその機会が訪れました。

私がかつて千葉市のおもちゃ図書館「千葉市トイライブラリー」でボランティアをしていた時の話は、何度かこのブログでも書いてきましたが、今回もその当時の話です。
それは、私が千葉市トイライブラリーのボランティアをするようになって10数年たった頃のことです。
あるおもちゃ図書館の開館日、いつものように開館場所に行くと、当時そのおもちゃ図書館で全体のまとめ役的な存在だったボランティアさんから突然声を掛けられました。
その内容は、近日中にトイライブラリーに千葉県の地元新聞「千葉日報」の記者の方が取材に来られ、その際に私にインタビューをするというのです。
いきなり私にインタビューと言われて驚きましたが、さらに話を聞くともう一つのサプライズがありました。
それは、当時千葉日報では、読者からの推薦と社内選考によって千葉県内で様々な活動に取り組んでいる個人や団体を表彰する賞が設けられており(現在もその賞があるかどうかはわかりませんが)、それにあるボランティアさんが推薦文を出し、見事私がその賞に選ばれたというのです。
それを聞いて私は正直これはドッキリではないかと思ってしまいました。
推薦文を出してくださったボランティアさんによれば、私が大学時代から長い間、埼玉から千葉に通ってほぼ毎回ボランティアとして活動してくれているので推薦させてもらいました、とのことでした。でも、私としては特にこれといった強い思い入れでというより、単に子供が好きだからという理由で続けていただけなので、何かの賞をもらえるとは全く思ってもいないことで、にわかには信じられませんでした。
しかしそれがもし本当なら、照れ臭い気分ではあるものの非常に光栄なことですし、こうした事で新聞記者の方にインタビューしていただく機会もそうそうあることではないので、取材を受けることになりました。

その翌週か翌々集の開館日、私へのインタビューとおもちゃ図書館の取材が行われ、千葉日報の記者の方とカメラマンさんの2人が来られました。
まずは開館時間前に私へのインタビューが行われました。私自身のことやボランティアを始めたきっかけ、ボランティアとして活動する中で感じたことなど、確か30分ほどの間にいろいろな質問を受けました。
インタビューを受けるという経験はほぼ初めてで、その緊張の度合いも受験や就活の時の面接ともまた違いましたが、記者の方はさすがインタビューの達人というべきか、非常に柔らかい物腰で話しやすい雰囲気づくりをしてくださり、とても良い雰囲気の中でインタビューを受けることができました。
その後はおもちゃ図書館の取材に移り、私達ボランティアの活動の様子を撮影したり、私以外のボランティアにも話を聞いたりと、記者さんとカメラマンさんは精力的に取材をされていました。開館後1時間ほどで取材は終わりましたが、短時間ながら思いがけず新聞記者の方のお仕事の現場に触れるという体験もでき、とても勉強になった一日でもありました。

その数日後、私へのインタビューと取材の模様が千葉日報に掲載され、埼玉の私の家にも掲載紙を送っていただきました。改めて自分のインタビュー記事を読むとやはりどこか照れ臭い気分になりましたが、私がそれまでボランティアとして活動してきた実績(と言えるほどのものはありませんが)を誰かが見ていてくれて、それが賞の受賞やこの記事につながったのだと思うとやはり素直にうれしかったのを思い出します。

記事が掲載された直後に千葉日報の本社で行われた表彰式でいただいた賞状は今も自室に飾られており、掲載紙とその時にいただいた記念品も自宅のどこかに保存されていると思います。
千葉市トイライブラリーのボランティアから遠ざかってもう10年ほど経ちますが、あの時の受賞とインタビューは、今もおもちゃ図書館のボランティアとして活動した時代の大切な思い出となっています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。