SSブログ

好きなことでつながる青春 [ノンジャンル]

こんにちは、gonanaです。

本日のお題:今、学生だったら入りたい部活やサークル

学生時代なんてもう30年以上前のことになってしまっていますが、何だか最近、学生時代の部活やサークル活動のような、好きなことで楽しくつながりを持つことのできるコミュニティーに参加したい気持ちがかなり高まっています。
「青春」というと照れ臭くなるけれど、若き日のどこか自由でのびのび過ごせた日々を懐かしく思う年齢になっていることもありますが、日頃在宅勤務のため自宅の外でいろいろな人とリアルに出会うチャンスが少なくなっていることで、このところの私が妙に人とのつながりを欲していることも理由かもしれません。
最近いろいろと問題になっているような昔ながらの「部活」のような集団は個人的に御免だけど、大学のサークルのようにゆるく、それでいて長く付き合いを続けていけるようなつながりを持てるコミュニティーには今も惹かれます。

それで、もし今部活やサークルに入るなら…
まずは演劇部や演劇サークルですかね。
別に俳優になりたいわけでもないし、演技力に自信があるわけでもないけれど、小学校のクラブ活動で演劇クラブに入っていたことや、あるラジオ番組で高校演劇のことを取り上げているのを聴いた影響もあって、演劇部とか演劇サークル的なものにちょっとだけ興味が出てきています。
もっとも、本気で演劇をやっていこうという志のもとに部やサークルに入った人から見ると、私のようにふわっとした興味で演劇をかじってみようとしている人間はかなり迷惑な存在なんでしょうけど…

でも、やっぱり一番入りたいのは「鉄研」つまり鉄同研究会です。
先ほどの演劇クラブとは別の年に、小学生時代のクラブ活動に「鉄道クラブ」もあり、1年間だけ在籍していたこともありますが、その後の中学・高校・大学には鉄研やそれに類する部活やサークルがなく、学生時代に「鉄」仲間と濃いつながりを楽しむチャンスには恵まれませんでした。
そういうこともあり、大学や高校の鉄道研究会やそのOBの人たちが貸し切りの臨時列車を走らせたという話題を鉄道雑誌やネットなどで見たり、鉄道関連の本が充実している本屋で売られている大学鉄研の機関誌などを読むたびに、今もし学生時代に戻れるなら、鉄道研究会のある学校に入りたいという気持ちになります。
もし鉄研に入れるとしたら、あまり所帯が大きすぎず、先輩やOBと下級生の上下関係も厳しすぎない方が、個人的には活動しやすいですね。
nice!(10)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。